セックス動画

最近は女性専用のセックス動画も増えています。男性向けのセックス動画とは視聴者ターゲットが異なるため、シチュエーションやカメラワークにも大きな違いがあるようです。女性向けセックス動画の特徴を見てみましょう。

 

■コミュニケーション重視の作品
男性向けのセックス動画同様、女性向け作品も本番のセックスに至るまでのドラマシーンが存在します。彼氏が自宅へ来て料理をしてくれたり美しい夜景を見ながらプロポーズをしてくれたりと、ドラマシーンは女性の願望を叶えるために作られていることが特徴です。男性と比べると、女性はセックスに対してコミュニケーションを求めることが少なくありません。そのため、本番に入るまでの展開に大きな差があると言えます。

 

■女性向けのカメラワークやプレイ内容が特徴
男性向けのセックス動画では、女性側が女性器を見せるようなシーンがあります。たとえば、騎乗位しながら結合シーンを見せるようなプレイも少なくありません。AV女優や主役であることも手伝って、AV男優の顔が隠れることも多いです。一方、女性向けのセックス動画は女性が視聴するために作られました。女性器を見せつけるようなシーンもなく、AV男優の顔も映されます。当然、AV男優は細マッチョなイケメンが多いです。また、セックスの体位も密着しているケースが多く、男性向けのセックス動画との違いを感じるプレイ内容になっていると感じるでしょう。

 

■まだまだある女性らしい内容
女性向けセックス動画の特徴は他にもあります。コンドームを付ける描写やコンドームの袋が破られた様子が作中に映っていたり、エッチをする部屋がキレイだったりと、女性の視聴および自身がセックスすることを想定したような作りになっていることが特徴です。基本的なプレイ内容は男性向けのセックス動画と変わりませんが、細かな配慮がいかにも女性的だと言えます。女性の方がセックス動画を視聴するときは、ぜひ女性向けの作品を視聴してみてください。